ランドローバーのチーフ・デザイン・オフィサー、ジェリー・マクガバンが 2017年の最も優秀なデザイナーとして「Grand Prix du Design」を受賞

2018.2.13

    • NEWS&TOPICS

■ランドローバーのチーフ・デザイン・オフィサーであるジェリー・マクガバンが、パリで開催された「第33回国際自動車フェスティバル」において「Grand Prix du Design」を受賞
■ランドローバーの独創的なデザインと、自動車業界に与えた影響が評価され選出
■各国の専門家で構成される選考委員は、ランドローバーのミッドサイズ・ラグジュアリーSUV「RANGE ROVER VELAR(レンジローバー・ヴェラール)」を高く評価

Land Rover_Gerry McGovern wins designer of the year award
パリで開催された「第33回国際自動車フェスティバル」において、ランドローバーのチーフ・デザイン・オフィサーであるジェリー・マクガバンが、2017年の最も優秀なデザイナーに選出され、「Grand Prix du Design」を受賞した。

 

ジェリー・マクガバンによるランドローバーのデザインと、自動車業界全体に与える影響が高く評価され選出に至った。

 

選考委員は、自動車、スポーツ、建築、ファッション、デザイン、カルチャー、メディアの各分野における著名人、総勢15名で構成されており、会場には建築家のジャン=ミシェル・ヴィルモット氏、スタイリストのシャンタル・トーマス氏、デザイナーのアン・アセンシオ氏、雑誌「ル・ポワン」の社長兼CEOのエティエンヌ・ジェルネル氏をはじめとする委員たちが集まった。

 

「国際自動車フェスティバル」代表のレミ・デュポア氏は、次のように語っている。
「『第33回パリ国際自動車フェスティバル』の選考委員たちは、ジェリー・マクガバン氏による最高傑作『RANGE ROVER VELAR』と、彼のこれまでの功績を高く評価しました。
その素晴らしい功績のひとつが、『RANGE ROVER EVOQUE(レンジローバー・イヴォーク)』です。ランドローバーのDNAを受け継ぎながらも変革を成し遂げました。マクガバン氏のビジョンは、英国の自動車業界に改革を、ランドローバーには驚くべき成功をもたらしました。彼と彼のチームに、心よりお祝い申し上げます。」

 

ランドローバーのチーフ・デザイン・オフィサーであるジェリー・マクガバンは次のように述べてる。
「私は自動車デザイナーという職業を大変誇りに思っています。デザインという分野で幅広く活躍されている選考委員の皆様から評価いただけたことは、私たちの人生におけるデザインの重要性を示していると思います。
私たちのチームは、お客様の感情に訴えかけ、いつまでも愛される、最も魅力的なクルマを作り出そうと、たゆまぬ努力を続けています。」

 

新型「RANGE ROVER VELAR」は、第4のRANGE ROVERで、「RANGE ROVER EVOQUE」と「RANGE ROVER SPORT(レンジローバー・スポーツ)」の中間に位置する。

 

ランドローバーは1948年以来、そのモデル・シリーズ全体にわたり、本格的な4×4を継続して製造しています。「DEFENDER」、「DISCOVERY」、「DISCOVERY SPORT」、「RANGE ROVER SPORT」、「RANGE ROVER」、「RANGE ROVER VELAR」、そして「RANGE ROVER EVOQUE」は、それぞれが世界の4×4市場の各カテゴリーを代表するモデルです。現在、これらのモデルの80%は輸出され、世界100か国以上で販売されている。

 

Land Roverウェブサイト: http://www.landrover.co.jp
YouTube: https://www.youtube.com/user/landroverchanneljp
Facebook: https://www.facebook.com/LandRoverJapan
Twitter: https://twitter.com/LandRoverJPN
Instagram: https://www.instagram.com/landroverjpn/

 

◆お問い合わせ先◆
ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568
(9:00~18:00、土日祝日を除く)