三菱自動車、自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」に出展

2018.5.21

    • NEWS&TOPICS

三菱自動車は、5月23日(水)~25日(金)にパシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区)で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」(主催:公益社団法人自動車技術会)に出展し、新型コンパクトSUV『エクリプス クロス』に採用した技術を紹介する。

1.『エクリプス クロス』特長技術を展示
三菱自動車ブースでは『エクリプス クロス』を展示するほか、商品特長を実物展示やパネル解説によりわかり易く紹介する。
(1)行動意欲を駆り立てる「デザイン」
SUVとしての機能性を一切妥協せずクーペスタイルを実現した、エクステリアやインテリアの特長を解説する。

 

(2)四輪制御技術で安心して楽しめる「ドライビングフィール」
当社の従来型2.4L自然吸気エンジンを凌ぐ中低速トルクを発揮する新開発1.5L直噴ガソリンターボエンジンを実物展示する。
ドライバーの操作に忠実な車両挙動を実現する車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」を解説します。様々な路面状況でも安心してドライブを楽しめる「AUTO」「SNOW」「GRAVEL」の3つの走行モードを設定している。

 

(3)直感的な操作で新たな楽しみをもたらす「コネクティビティ」
ドライバーがより安全に様々な情報を入手/認識を可能とした薄型のスマートフォン連携ディスプレイオーディオ[SDA]の機能を解説する。

 

2.スマートスピーカーを参考出品
コネクティッドカーサービスの一つとして、『エクリプス クロス』の北米仕様に搭載している「Amazon Echo」と「Google Home*」のスマートスピーカーを参考出品する。スマートスピーカーは米国を中心に普及が進んでいる。今回はスマートスピーカーと自動車の連携機能として、ヘッドライトの点灯、車内の温度調節、ドアをロックする機能などのデモンストレーションを行い、ご来場の方は実際に体験頂できる。
*・・・Google HomeはGoogle Inc. の商標。

 

3.公道試乗体験コーナーに『エクリプス クロス』を出展
主催者企画である最新技術搭載車の試乗体験コーナーで、『エクリプス クロス』を出展し、試乗される方に三菱自動車らしいクーペSUVの「力強い加速フィーリング」と「軽快なハンドリング」を体感できる。

 

「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2018横浜」概要

 

開催時期
2018年5月23日(水)~5月25日(金) 10:00~18:00(25日(金)のみ~17:00)

 

会場
パシフィコ横浜・展示ホール
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

 

入場料
無料(登録制/事前・当日)

 

主催
公益社団法人自動車技術会

 

公式サイト
https://expo.jsae.or.jp/