限定モデル Audi Q2 #contrast limitedを発売

2018.9.20

    • NEWS&TOPICS

・コントラストペイントなど内外装に個性的なアクセントを施した250台の限定モデル
・先進の安全運転支援システム、アシスタンスパッケージを搭載

 

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:フィリップ ノアック)はAudi Q2 シリーズの限定モデル Audi Q2 #contrast limitedを、本日より全国の正規ディーラー(126店舗、現時点)を通じて発売する。

 

ベース車両のAudi Q2 30 TFSI sportは、「型破り」な個性的で存在感のあるエクステリアデザインや、ワンサイズ上のクラスに匹敵する快適性とユーティリティ性能を兼ね備えたプレミアムコンパクトSUVモデル。パワートレインは最高出力116PS、最大トルク200Nmを発揮する1.0ℓTFSI直列3気筒ガソリン直噴ターボエンジンと7速Sトロニックを組み合わせる。スタートストップシステム(アイドリングストップ機構)などの採用で、JC08モード燃費は19.8km/ℓを達成。優れた運動性能と燃費性能を両立している。

Audi Q2 #contrast limitedはモデル名のとおり、コントラストの効いた内外装が大きな特徴。エクステリアは、バンパー下部やホイールアーチ、サイドスカートなどを専用コントラストペイントのマンハッタングレーに、ラジエーターグリルはチタニウムブラック、そしてCピラーのブレードはマンハッタングレーのカラーリングを施している。

 

さらに足元には、コントラストグレーの5アームダイナミックデザイン18インチアルミホイールを装着している。インテリアではバーチャルコックピットやマルチカラーアンビエントライティングを装備。ダッシュボードやセンターコンソールサイドの内部に組み込まれたLED照明の色を10種類から選ぶことができ、点灯や消灯、明るさも任意で設定が可能で。

また安全運転支援システムであるアシスタンスパッケージを標準装備。アダプティブクルーズコントロールをはじめ、約65km/h以上で走行中に、ドライバーがウインカーを作動せずにクルマが走行レーンをはみ出しそうになると、認識した車線内にとどまるよう穏やかにステアリングを自動修正するアウディアクティブレーンアシストや、約10km/h以上で走行中は前方の車両を、約10-65km/hでは前方を横断中の歩行者も検知し、危険を察知するとドライバーに警告音と警告灯で注意を喚起。

 

状況に応じて軽くブレーキを作動し、ドライバーが対応しない場合は、自動的にフルブレーキを行い追突の際の衝撃を低減するアウディプレセンスフロントなどを備えている。

エクステリアカラーは、グレイシアホワイトメタリック、コーラルオレンジメタリック、タンゴレッドメタリック、マコウブルークリスタルエフェクトの4色の設定で、計250台の限定モデルとなっている。
車両本体価格

※マコウブルークリスタルエフェクトのみプラス5万円

 

詳細はこちら

 

お問い合わせはこちら:
Audiコミュニケーションセンター
フリーダイヤル:0120-598106
営業時間:9:00〜19:00(年中無休)