【イベントレポート】主役は女性! 4WD & SUVカーニバル2019

2019.5.30

    • イベントレポート
    • その他
  • ◆開催日:2019年5月19日(日) ◆開催場所:道の駅みき(兵庫県) ◆主催:JAFEA西日本支部 ◆レポート:水島 仁   来場者数過去最高を記録! 旅の道中、道の駅を偶然にも訪れた人たちに「四輪駆動車との […]


◆開催日:2019年5月19日(日)
◆開催場所:道の駅みき(兵庫県)
◆主催:JAFEA西日本支部
◆レポート:水島 仁

 

来場者数過去最高を記録!

旅の道中、道の駅を偶然にも訪れた人たちに「四輪駆動車との触れ合いを通して、その素晴らしさを少しでも感じてもらいたい」と、毎年開催されている「4WD & SUVカーニバル」。
 
同じ四駆業界に身をおく者として私も毎年参加させて頂いているが、会場駐車場の様子をカメラに収めようと思いったったことは、初めてのことだった。明らかに、例年以上の来場者数そして賑わいぶりなのだ。
 
広大な駐車場には、ランクルやジープ、FJクルーザー、デリカ、ジムニー…そして一般乗用車がギッシリと並ぶ。
 
そして駐車場を抜け、メイン会場となる施設へ脚を運ぶとメーカーとショップによるブース村がお出迎え。新型ジムニーのデモカーとパーツを展示するブースが、四方を囲んでいた。
 
昨年来の自動車業界を集約したような光景だが、各ブースでの会話は、これまでの自動車=男性が主体ではなく、話しの主導権は完全にお母さん、そしてカップルであれば彼女が握っていた。
 
角張った丸目の新型ジムニーは、「可愛い!」と多くの女性に受け入れられていることは頻繁に耳にしていたが、実際にお母さんの(女性の)日常の脚としてすでに活躍しているようだ。そして彼女達は、世の男性を従え、ブース出展者たちとパーツのことを話し合っている。そう、ここを訪れた主役の多くは、女性だったのだ。
 
敷居が高いと謂われている四駆専門店。それゆえ「気軽に話せるような機会を設けたい」ということもまた、イベント開催にあたってのテーマだった。ジムニーオーナーとなった多くの女性達にとっても、有意義な一日となったに違いない。
 
毎年2〜3回JAFEA西日本支部ではイベントを企画・開催している。そして今後も魅力的なイベントを画策しているのだとか! イベント情報のみならず、四駆ショップとのファーストコンタクトをキッカケに、四駆の楽しさをそして付き合い方を聴きにいっては如何だろう!

 

タイヤメーカーをはじめ、パーツメーカーそして四駆ショップ30社以上が出展した「4WD & SUVカーニバル2019」。今年のメイン車種は新型ジムニーだった。ご夫婦やカップル、そしてご家族で会場は賑わったが、ジムニーパーツを並べたブースが多い中、その会話の主は女性が多かった。今までにはない光景だった。

 

恒例のスタンプラリーは、出展社と来場者の一体感を生んだ。一等は参加した四駆ショップで使える「金券」。写真左上の男の子は、見事「5,000円の金券」を当てた。お父さんも、お母さんも大喜びだった。

 

パフォーマー「KAZUMA」さんによるステージは午前と午後それぞれ一回ずつ行なわれた。優しい人柄からは想像もつかないその演技は、オリンピックの体操選手を彷彿させるアクロバティックなものだった。私もつい魅入ってしまった。

 

5月19日の「道の駅みき」おおよその来場者数は、5,000人超だった(通常の土日は平均3500人)とのこと。私は、カメラを片手に毎年参加しているが、駐車上の様子を撮影しようと思ったのは、今年が初めてだった。

 

4WD & SUVカーニバルでは、こちらも恒例の「じゃんけん大会」。クルマのパーツのみならず、子供もそしてお母さんも貰って嬉しい景品が目白押し! だった。

 

JAFEA西日本支部
坂田支部長

「四駆の楽しさをお伝えしたい! をテーマに、毎年こちらでイベントを開催しております。このイベントに多くの方々が参加して頂きましたこと、心より御礼を申し上げます。
JAFEA西日本支部では、これからも多くの方々に四駆と触れ合う機会を創って参ります」。
 
◆お問い合わせ
https://www.facebook.com/jafeawest
http://www.jafea-west.com/