アピオの集大成「バンビー」登場!!

2013.3.30

  • apio_5677
    • カスタムカー
    • スバル
  • 最近では2輪界の大御所「ヨシムラ」とコラボした マフラー『アピオヨシムラマフラーR-77Jチタンサイクロン』や、 ニューコンセプトのショックアブソーバー『ROADWINショックアブソーバーRE50』『同・銀八』など 常に斬新なジムニーパーツを世に送り続けている「APIO」。 今回は、今現在のAPIOの集大成ともいえる デモカー『バンビー』にキャッチアップしてみた! (文:高坂義信/写真:佐久間 清人)


apio_5677

モンゴルラリーやタクマラカン砂漠ツーリングなど、近年、アジアの大地をジムニーで走らせる活動も活発な『APIO』。もちろん、その経験を礎にした商品 開発も旺盛で、サスペンション、マフラーなどのスープアップパーツ、さらにユーティリティアイテムまで、毎月のように新商品が発表されている。

 

そんな最近のAPIOを象徴するデモカーが、この砂漠をモチーフにしたアースカラーのジムニー、JB23Wだ。そのアピアランスは、さながら小さなハンヴィ……あのハマーH1のルーツとなったアメリカ軍の軍用車両……、だから愛称は「バンビー」だそうだ。

 

そのボディカラーはハンヴィの純正色そのままそうだが、それを別にしても「バンビー」のエクステリアは凝りまくっている。ボディのあちこちに穿たれたリ ベットは、実はプラスチック製のダミー。ミリタリー感を盛りあげる燃料キャップまわり、その脇の四角い枠部は、パテを盛って造形しているのだという。そし て仕上げは、建築のエージング処理を流用した「汚し塗装」。少しヤレた使用感をあえて演 出することで、このクルマのコンセプト……1分の1のオモチャ、だそう……を上手に引き出してくれる。

 

あ、そうそう、このデモカー、れっきとした「最新塗装」が施されたものなので、お間違いなきよう。若い女性からは、この雰囲気が「カワイイ!」などと評価されるようで……。

 

そんな、見た目も愛称もカワイイ「バンビー」だが、中身はしっかり、硬派なAPIOに仕上げられている。まず、何より走りの質、実性能ともグレードアップ しているのが、サスペンション。約60㎜の車高アップ、高強度・高応力を実現するチタン配合コイルスプリング「A2000Ti」と、初期入力を抑えながら も剛性感のある操縦性を実現するショックアブソーバー「RE50」、さらに解除機能付き強化スタビライザー「 悟空」などを組み合わせた「つよし君RE50コンプリート」を装着。オンロードの快適なクルージング性、そしてオフロードを”攻める”ポテンシャルを両立 させているのだ。

 

加えてバンビーには、APIOの誇るトラクションデバイス、G-TRACプロフェッショナルLSDもリアに装備。その戦闘力は、もしかして本家ハンヴィ以上!?

 

またエンジン系はインテークチャンバー&レゾネーター、静香御前マフラー・タイプF”真音”で、吸排気系をファインチューン。トルクアップ感が著しく、軽快な走りを楽しむことができた。

 

街を流していると熱い視線を感じるし、オフロードでは難セクションに果敢にチャレンジできる……。また1台、欲しいジムニーに出会ってしまった……。

 

apio_5692

ハンヴィの純正色をペイント、しかもリベット、エージング塗装など細部にもこだわった、大人の1/1プラモデルをモチーフにした「バンビー」号。エクステリアにはAPIOオリジナルのタクティカルフロントバンパーガーニッシュ、リアFRPバンパーなども装着されている。

 

 

足まわりは「つよし君RE50コンプリート」でセットアップ。コイルスプリングは約60㎜アップのチタン配合、A2000Ti。同社のコンプリートカーでも、このキットが選べる。

足まわりは「つよし君RE50コンプリート」でセットアップ。コイルスプリングは約60㎜アップのチタン配合、A2000Ti。同社のコンプリートカーでも、このキットが選べる。

 

「ROADWINショックアブソーバーRE50」は、減衰力8段可変式。初期入力をやさしく受け止め、良好な乗り心地を確保。さらに中域~高速域ではクルマの挙動を抑え、剛性感のある操縦性を実現している。

「ROADWINショックアブソーバーRE50」は、減衰力8段可変式。初期入力をやさしく受け止め、良好な乗り心地を確保。さらに中域~高速域ではクルマの挙動を抑え、剛性感のある操縦性を実現している。

 

apio_5707

今年4月からの新規制にも対応するのが「静香御前マフラー・タイプF”真音”」。テールは89㎜φの迫力あるルックスだが、近接騒音値89.0dBで2010年4月以降製造の車両も車検OK。

 

「レイドルーフラック」、「リアラダーブラック・タイプ2(ボディ同色にペイントしてあるが)」、「リアステップ」など、アウトドア派注目の実用アイテムも装備。

「レイドルーフラック」、「リアラダーブラック・タイプ2(ボディ同色にペイントしてあるが)」、「リアステップ」など、アウトドア派注目の実用アイテムも装備。

 

給油口のカバーは取り外し、燃料キャップはキー付きに交換。外枠の処理はパテによるもの。リベットの演出も、雰囲気たっぷりだ。

給油口のカバーは取り外し、燃料キャップはキー付きに交換。外枠の処理はパテによるもの。リベットの演出も、雰囲気たっぷりだ。

 

「つよし君RE50コンプリート」サスペンションキットに含まれる強化スタビライザー「悟空」はセンターのジョイント部に挿入されているピンの抜き差しで、スタビ機能をオン/オフすることができる。

「つよし君RE50コンプリート」サスペンションキットに含まれる強化スタビライザー「悟空」はセンターのジョイント部に挿入されているピンの抜き差しで、スタビ機能をオン/オフすることができる。

 

ホイールはAPIOオリジナルの「ワイルドボアX-16」。5.5J×16(+20)の軽ジムニー専用サイズ。カラーは写真のガンブラックのほか、レイドブラック、ハイパーメタリック、ブロンズの全4色が揃う。タイヤは新進のヨコハマ「ジオランダーM/T+ワイルドトラクション」195R16C。

ホイールはAPIOオリジナルの「ワイルドボアX-16」。5.5J×16(+20)の軽ジムニー専用サイズ。カラーは写真のガンブラックのほか、レイドブラック、ハイパーメタリック、ブロンズの全4色が揃う。タイヤは新進のヨコハマ「ジオランダーM/T+ワイルドトラクション」195R16C。

 

「サイドシルガード・ブラックスチール」は1.6㎜厚スチール、サイドアンダーのリブを巻き込む形状で、がっちりとガードする。ちなみにこちらのリベット打ちはリアル。「サイドステップ ゲジゲジくん」は意外にヒットしにくい。靴の泥落としにも便利。

「サイドシルガード・ブラックスチール」は1.6㎜厚スチール、サイドアンダーのリブを巻き込む形状で、がっちりとガードする。ちなみにこちらのリベット打ちはリアル。「サイドステップ ゲジゲジくん」は意外にヒットしにくい。靴の泥落としにも便利。

 

エンジンのレスポンスアップに貢献する「インテークチャンバー&レゾネーター」。APIO 常設のダイナパック計測器により、パワー&トルクのアップは実証済み。

エンジンのレスポンスアップに貢献する「インテークチャンバー&レゾネーター」。APIO 常設のダイナパック計測器により、パワー&トルクのアップは実証済み。

 

レカロシートの有効性を数々のラリー、長期オフロードツーリングで証明したAPIO。ユーザーにも装着を強く推奨する。写真はRECAROスポーツスター。

レカロシートの有効性を数々のラリー、長期オフロードツーリングで証明したAPIO。ユーザーにも装着を強く推奨する。写真はRECAROスポーツスター。

 

「スポーツステアリング"ニギリ"」は、握りやすいオニギリ型の断面形状を採用。グレーステッチタイプは、表皮がフルアルカンターラ。

「スポーツステアリング”ニギリ”」は、握りやすいオニギリ型の断面形状を採用。グレーステッチタイプは、表皮がフルアルカンターラ。

 

フロントシートからリアにかけてフラットなスペースを構築する、フルフラットベッドベース「ジムねる」。車中泊にもオススメだ。ベッドベースの上には、ジムねる専用、大手キャンピングカーメーカー『オグショー』の「プレミアムマット」が。これで安眠。

フロントシートからリアにかけてフラットなスペースを構築する、フルフラットベッドベース「ジムねる」。車中泊にもオススメだ。ベッドベースの上には、ジムねる専用、大手キャンピングカーメーカー『オグショー』の「プレミアムマット」が。これで安眠。