タニグチが次々と新製品をリリースできる理由

2011.6.3

    • インタビュー
    • スズキ
  • ジムニー専門のカスタムメーカーとして、エクステリアからサスペンション、機能パーツまで膨大なオリジナルパーツを揃えるタニグチ。毎月、大量の新製品をリリースし続けている。開発に掛かる時間やコストも膨大なはずだが...。


013-IMG_5347

編集部:タニグチがこれほど精力的に新製品をリリースできる秘訣は何ですか?

谷口社長:「当社は今、若いスタッフたちが、もの凄く元気なんですよ。サスペンションの最終的なセッティングや価格設定が適切かどうかは僕自身が判断しま すが、新製品開発の行程はほとんど若いスタッフたちがやってくれます。最初はなかなか難しいですが、個人の性格を尊重して、ある程度自由に作らせてあげる のが良いみたいですね」

 

編集部:タニグチ・ブランドのテイストを全スタッフに求めるのは難しいのでは?

谷口社長:「若いスタッフと言っても、もう十年近く務めている子たちばかりですからね。今まで僕がやって来たことを、言葉で言わずとも理解してくれてるんだと思います」。

 

編集部:イベントにはいつも社長自身が参加されてますよね?

谷口社長:「それが僕の仕事やと思ってます(笑)。スポンサーになっているJSTC(ジムニースーパートライアルチャンピオンシップ)などのイベント会場 に足を運び、ブースに来店いただいたお客様と直接会話することで、新製品開発に活かせることがありますからね。そこにもできるだけ若いスタッフを同行する ようにしています。お客様に商品説明することがスタッフ自身の勉強にもなるんですよ」。

 

編集部:現在開発中の製品を教えてください!

谷口社長:「現在はこれまでの歴代ジムニーやJB23用パーツに加えて、JB33&43用パーツの開発に力を注いでいます。アースチューニング キットやコンペティションマフラーⅢ、ショックアブソーバーや補正パーツなどのサスペンションは既に適合していますし、現在、FRPフロント&リアバン パーなどのエクステリアパーツは鋭意制作中。新3インチアップコイルはたった今、試作品ができあがってきたところです。期待してください!

 

タニグチのホームページはコチラ