イマドキジープ流、タイヤ選び指南

2012.12.26

    • タイヤ
    • Jeep
  • SUVの乗り味を作り上げる時に大切にしたいのが、バランスだ。 たとえば、タイヤ。 いくらハイグリップタイヤを履いても シャシーがそれに見合ったものでなければ、逆効果となってしまう。 だから、SUVにはSUV専用のタイヤが必要だ。 SUVの中でも、オフローダーたるポテンシャルを特徴とするジープ。 ここではそんなジープに最適なタイヤを紹介しよう。 (文:吉田直志)


yokohama_4687

ふっと、ドライブへと出掛けたくなる
グランドチェロキー×ジオランダーH/T-S

yokohama_4485

ジープのフラッグシップモデルであるグランドチェロキーは、前後ともに独立懸架式サスペンションを採用し、さらに軽快感と環境性能を謳える新世代V6エン ジンを搭載したことで、ラグジュアリィに通じる快適性をさらに飛躍させている。そんなグランドチェロキーの乗り味をブラッシュアップしてくれるのが、ジオ ランダーH/T-Sだ。

 

いくらグランドチェロキーがイマドキのSUVテイストを手に入れたといっても、やはりジープたる剛健さは残っている。ところが、ジオランダーH/T-Sに履き替えると、その荒々しさは陰を潜め、グランドチェロキーの素性である品が明確になる。

 

走り出してすぐに気付くのは、ジオランダーH/T-Sの静粛性だ。それだけでも、乗員の快適性は大きく高められることにオドロキを覚えるが、ドライバーは 続いて接地感が高められたことに気付くはず。それは、転がり抵抗が低いことを感じつつも、同時に路面の状況がつぶさにつたわってくるという不思議なフィー リングで、まさに質感を高められたという印象が強い。

 

タイヤの剛性感は意図的に高くされている印象を受けるが、それが不快感を与えるようなゴツゴツとした固さになっていないところがいい。むしろ、それが高速 走行時における直進性を高めており、不安定さを感じることはなく、さらに先に触れた接地感の高さも相まって、快適さを強く感じるほど。そして、コーナーで はトレッド面でのグリップ感を伝えながらも、ロールによって移った荷重を剛性感の高いタイヤが支えてくれるというフィーリングがある。それはまさに頼もし さとも呼べるものだし、しなやかさと剛性感のバランスがとてもいいとも言える。乗り心地でも、現行型グランドチェロキーの質感あふれるサスをさらに細やか にストロークさせてくれているかのような印象にあふれ、結果として、快適性がアップしていることを誰しも感じ取れる。

 

このタイヤの真価はそれだけに止まらない。たとえ、ウェットであってもその印象は変わらなかったことをお伝えしておきたい。特に、高速道路走行では、たと え水はけが悪い路面であっても、ドライと変わらぬ接地感を強く感じ、それがダイレクトに安心感へとつながっていた。また、いざオフロードへ足を踏み入れて も、想像以上の走破性を披露してくれる。もちろん、ハードなマッドセクションではM/T+のようにはいかないが、ロックセクションにおけるグリップ感はと ても高く、果敢にアタックしたくなるほど。言うまでもなく、ダートランでのコントール性も秀逸だ。オフロードを走らせると、このH/T-Sもまさにジオラ ンダーの一員であることを強く感じさせる。

 

だから、ついついロングドライブへと出掛けたくなってしまう。ジオランダーH/T-Sはそんなタイヤだ。

 

砂地を飛ばすようなシーンでは、素直なコントロール性が際立ち、楽しさと頼もしさを生んでいた。

砂地を飛ばすようなシーンでは、素直なコントロール性が際立ち、楽しさと頼もしさを生んでいた。

 

GEOLANDAR H/T-S ロングドライブ時の疲労軽減を実現するため、「静粛性」「乗り心地」を向上。あらゆる環境に対応する「耐摩耗性」「耐偏摩耗性」を強化し、さらに新時代のタイヤに相応しい省燃費と環境性能をプラスしたSUVタイヤ。

GEOLANDAR H/T-S
ロングドライブ時の疲労軽減を実現するため、「静粛性」「乗り心地」を向上。あらゆる環境に対応する「耐摩耗性」「耐偏摩耗性」を強化し、さらに新時代のタイヤに相応しい省燃費と環境性能をプラスしたSUVタイヤ。

 

 

yokohama_4613

日常は充実し、非日常へと脱出したくなる
パトリオット×ジオランダーSUV

ジープラインナップの中ではエントリーポジションとなるパトリオット。兄貴分のジープたちとは異なり、乗用車のプラットフォームをべースにしたモデルゆえ にオフロード走破性を高々とは謳っていない。しかし、SUVたるポテンシャル、ジープ流の乗り味は色濃く表現したモデルであり、その乗り味を語る際にポイ ントとなるのはSUVらしさをいかに大事にできるかにある。そもそもパトリオットは、SUVたるサスペンションのストローク感を生かすことで、豊かな乗り 心地と、まじめなハンドリングをハイバランスさせている。そんなテイストにぴったりなのが、ここで紹介するジオランダーSUVだ。

 

走り出すと随分とアタリが柔らかいなと感じるが、それは剛性感が不足したような柔さではなく、どちらかといえば、トレッド面のしなやかさと表現したくなる もの。そして、続いて路面にしっかりとタイヤを接地させ、その様子をつぶさにステアリングフィールへと伝えてくるという接地性に感心する。これらはジオラ ンダーシリーズに共通しているポイントでもある。

 

SUVのハンドリングと訊くと、だるさや曖昧さを想像し、それをマイナスと捉えている人もいるかもしれない。しかし、それらは、ゆったりとしたSUVらし さのひとつとして仕立てられたものであり決してマイナスではない。つまり、シャシー、タイヤがバランスしてSUVたるキャラクターを作り上げており、タイ ヤだけ極端にグリップを上げてしまうと、バランスを崩してしまうことがあるほど。その点、SUV専門ブランドであるジオランダーは、そういったSUVの性 格を熟知し、それに見合ったタイヤをリリースしている。

 

実際、ジオランダーSUVをはいても、ハンドリングにクイック感は強調されておらず、ステアリングを切った分だけ、ノーズがインを向く。まさにハンドリン グにおける質感のみが高められているといった印象がある。コーナーでのグリップ感も良好だ。そのフィーリングはトレッド面でがっちりと路面を捉えて離さな いというよりは、路面にあたかも吸い付くかのようなしなやかさであり、ドライバーはもちろん、乗員も快適性を感じ取れるものであり、適度なグリップ感と呼 ぶにふさわしいものだ。

 

高速道路では、最初に述べた接地感がさらに明確になり、パトリオットのアドバンテージであるサスペンションのしなやかさがさらに助長されたような印象を受ける。そして、路面のアンジュレーションすら快適に感じてしまう。直進性ももちろん優秀だ。

 

ウェット路面での安心感が変わらなかったこともポイント。ワインディングにおいて雨が降った際でもグリップに不安を感じることはなかったし、実際にグリップを失うようなシーンもなかった。

 

ジオランダーSUVはパトリオットの狙った乗り味を崩すことなく、質感を高めてくれる。いや、そのクラス感すら引き上げてくれている。

 

そもそもしなやかなサスペンションは、さらにしなやかさを増した。それは安心感にも通じるもの。

そもそもしなやかなサスペンションは、さらにしなやかさを増した。それは安心感にも通じるもの。

 

GEOLANDAR SUV 従来タイヤG051から、ころがり抵抗を16%低減しつつも、ウェット制動性能は6%、パターンノイズ性能は21%、ロードノイズ性能は13%ともに向上させ、低燃費・低燃費性能に加えて快適性、安全性の向上をはかった。「環境性能のさらなる向上+人に、社会にやさしい」をテーマとした最新のコンパウンド配合技術や設計技術を応用、耐久性が必要となるSUV用タイヤに初採用した。

GEOLANDAR SUV
従来タイヤG051から、ころがり抵抗を16%低減しつつも、ウェット制動性能は6%、パターンノイズ性能は21%、ロードノイズ性能は13%ともに向上させ、低燃費・低燃費性能に加えて快適性、安全性の向上をはかった。「環境性能のさらなる向上+人に、社会にやさしい」をテーマとした最新のコンパウンド配合技術や設計技術を応用、耐久性が必要となるSUV用タイヤに初採用した。