Rubber Sole 「GEOLANDAR X-AT」

2019.8.21

    • タイヤ
    • アメリカ車
  • 4×4スペシャリストが放つ 全地形最強のエクストリームタイヤ 4×4 & SUVタイヤのスペシャリスト、ヨコハマタイヤの「ジオランダー」シリーズに、 また新たなラインナップが加わった。 オフ […]



4×4スペシャリストが放つ
全地形最強のエクストリームタイヤ

4×4 & SUVタイヤのスペシャリスト、ヨコハマタイヤの「ジオランダー」シリーズに、
また新たなラインナップが加わった。
オフロード特化させた「ジオランダーX-MT」
オンロードのスペシャリスト「ジオランダーX-CV」に続き
今回はAT(オールテレーン)モデル 「ジオランダーX-AT」の登場だ。

(文章:高坂義信)

 

「MTとAT」タイヤの中間に位置する新しいタイヤ
「GEOLANDAR X-AT」

一般的に “オフロードタイヤ” と呼ばれるタイヤも、そのカテゴリーはさらに細分化できる。
 
燃費や高速道路での性能を重視した「HT(ハイウェイテレーン)」
舗装路とオフロードでの性能を両立させた「AT(オールテレーン)」
そしてマッドやロックなどオフロードでのパフォーマンスを充実させた「MT(マッドテレーン)」。
4×4 & SUVユーザーならご存じだろうが、では自分の愛車にはどのタイヤを履かせたらいいのか? 悩んでしまっている方も多いだろう。
 
もちろん “愛車に乗るのは一般路の移動だけだよ”、“オフロードは月に一度、河原や林道に行くくらいかな”、あるいは “毎週のようにオフローディングを楽しんでいます!” などなど、自分の乗り方がハッキリしている方はいい。それぞれの指向に合わせ、HT、AT、MT、この3つのカテゴリーから相応しいタイヤを選べばいいだろう。
 
ただ、昨今はタイヤへのニーズも多様化しているがゆえ、どのタイヤを? という悩みが出てきてしまっているワケだ。特に最近増えているのが、「MTのようなゴツいタイヤを履きたい、けれど街乗りや高速道路など、普段は快適に乗っていたい」との要望を持つユーザーたち…。
 
そこで、そんなユーザーたちの要望に応えるべく、4×4 & SUVタイヤのスペシャリスト、ヨコハマタイヤ「ジオランダー」が、新しいタイヤを提案してくれた。2018年からジオランダーが展開している “Xシリーズ” のNEWラインナップ「ジオランダーX-AT」だ。
 
“Xシリーズ” 「ジオランダーX-MT」はオフロード指向のエクストリームモデル、そして「ジオランダーX-CV」はハイパフォーマンスSUVに向けたオンロードのスペシャライズドモデルだが、今回の「X-AT」は、そう、AT、オールテレーンのエクストリーム仕様だ。
 
もちろんジオランダーにはオールテレーンの「ジオランダーA/T G015」が存在しているが…。
 
「近年はATタイヤが燃費向上やロードノイズの低減、また快適性の追求から、どんどんオンロード指向が強くなっています。一方、MTタイヤはドレスアップ性や悪路走破性の強化で、オフロード指向が高まっていて、両者のポジショニングの隙間が少し、大きくなってしまっているのです」と、横浜ゴム株式会社・タイヤ第一設計部の坂本洋佑さん。
 
そういえば、先の「G015」も、性能的にはATとしてハイレベルだが、ルックス的に少々おとなしいような…。そこで、この「ジオランダーX-AT」は、MTとATのポジショニングの隙間を埋めるべく開発された、というのだ。
 
たしかにX-ATのルックスはATというより、MTと呼んでいいほどにアグレッシブ。ダイナミックに並んだセンターブロック、エッジの効いたショルダーブロックなど、従来からのG015に比べても、かなりワイルドな印象だ。またショルダーからサイドウォールのデザインが左右で異なる “デュアル・サイドブロックデザイン” も採用されている。
 
ただし、そんな見た目とは裏腹に、オンロードでの快適な乗り心地や、高い静粛性、低振動性、さらにロングライフ性や燃費経済性についても、高いレベルで実現されているのだ。
 
MTの迫力あるルックスは魅力だけれど、普段の乗り心地が…。
あるいは、ATの快適性はいいのだけれど、いざという時のオフロード性能が…。
などというユーザーには、まさに待望のタイヤ! と言えるのではないだろうか。
 
ちなみにサイズラインナップは大型の本格4×4やピックアップトラックに向けた全10タイプを設定。37インチサイズなど、カスタムした4×4にこそ履いて欲しいサイズも揃えている。そして、ジムニーやデリカなど、小〜中型4×4 & SUVに向けたサイズも、ぜひ、ラインナップして欲しいところだ。

 

ATらしからぬアグレッシブなトレッドデザイン。ショルダーからサイドにかけてのデザインは両サイドで異なる “デュアル・サイドブロックデザイン” を採用。どちらを表に履いても、性能に変化はない。

 

今回は新型JeepラングラーJL(ルビコングレード)に、35×12.50R17 LTをフィッティング。Jeepのワイルドな印象を、いっそう引き立ててくれる。JLの他グレードなら、LT265/70R17、LT285/70R17、LT285/65R18あたりのサイズもオススメだ。

 

高速道路はしなやかな乗り心地と、パタンノイズがほとんどないことに驚き。3プライカーカス構造のLT規格タイヤとは思えないほどの、乗用性能の高さが印象的だ。

 

 

 

 

 

 

 

オンロードのワインディングも、基本的に乗り味は良好。前後リジッドのラングラーゆえ、キビキビと走ってくれるわけではないが、ハンドリングは小気味いい。舗装路でのグリップレベルの安心感は、MTタイヤ以上、ATタイヤと同等。

 

少し水分を含んだ路面のモーグルを走ってみる。ラングラーのサスペンションの、アーティキュレーションの強さに十分応えてくれるトラクションの強さを見せてくれた。
いたずらに横滑りを起こすこともなく、路面を噛んでくれるので、狙ったラインを乱すことなく走ることができた。

 

 

 

 

 

 

何より頼もしかったのは、ガレ場の登りの場面。濡れた石などにまとわりつくようなグリップ感は、通常のATタイヤ以上の感覚だ。オンロードであれだけ快適でありながら、ここまで走ってくれるなら…。一言で “遊べるATタイヤ” と言っていい。

 

とはいえ、本格的に濡れた石が続くヒルクライムでは、苦戦することも…。
ここはやはり、本格的なMTタイヤのほうが、より高いパフォーマンスを発揮してくれるだろう。

 

ラングラー・ルビコン以外の車種にも、様々なサイズのX-ATを装着して試乗。FORDラプターには、やはり35×12.50R17 LTサイズを組み合わせたが、フロント独立サスペンション車だけに、よりレスポンスのいいハンドリングが楽しめた。また舗装のウェット路でのグリップレベルも安心感の高いものだった。

 

オンロードの試乗では、新型JeepラングラーJL・サハラグレードでもトライ。LT285/65R18を履かせても、やはりパタンノイズの少なさと快適な乗り心地が実現されていた。アグレッシブなドレスアップにもオススメのタイヤだ。

 

ランドクルーザー・プラドにはLT265/70R17サイズを装着。35サイズよりやや小径なタイヤだが、それだけにX-ATのトレッドデザインがよりアグレッシブに感じられた。もちろんオフロード全般でも安定したトラクションで、各セクションを余裕でクリア!

 

試乗車にはTRDラリー仕様のハイラックスも! LT265/70R17サイズを装着したが、特にマッディな路面での安定感が印象だった。ハンドリングも良好で、ハイスピード時の挙動の乱れも起きにくい。MTタイヤに匹敵、と言ってもいいだろう。

 

マッディな路面走行では、タンドラにも試乗。サイズは35×12.50R17LTだが、路面を掻き、確実なトラクションを生み出す実力は、やはり従来のATタイヤを大きく上回っている。

 

Jeepラングラーは先代、JKアンリミテッドにもフィッティング。35×12.50R17LT装着で、ワイルド感あふれるスタイルアップを実現しながら、オフロードでもパフォーマンスの高い走りを披露。
何やらラングラーのベストマッチタイヤ、になりそうな気配…。
 

 

GEOLANDAR 公式サイト

https://www.y-yokohama.com/brand/tire/geolandar/